Inter Proto Series

ドライビングを際立たせる
Made in JAPANの純レーシングカー

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Movie
  4. 【動画】【Inter Proto Series】2018年第3&4戦プロクラス【インタープロトシリーズ】

おすすめ動画

【動画】【Inter Proto Series】2018年第3&4戦プロクラス【インタープロトシリーズ】

【Inter Proto Series】2018年第3&4戦プロクラス【インタープロトシリーズ】

インタープロトシリーズはドライビングアスリートとして一番速いのは誰かを決めるレースです。
2018 Inter Proto Series Rd.3&4 富士スピードウェイの様子をお伝えする動画です。

【スターティンググリット】
1番グリットは規定により空きグリット。
2番グリットがポールポジション、カーナンバー4、RSS-インタープロト、ドライバー平川亮。
3番グリットはカーナンバー16、ララパルーザ、ドライバーRonnie QUINTARELLI。
4番グリットはカーナンバー19、GRADEN CLINIC RT、ドライバー関口雄飛。
5番グリットはカーナンバー55、人馬一体ドライビングアカデミー、ドライバー山下健太(リタイヤ)。
6番グリットはカーナンバー3、INGING MOTORSPORT、ドライバー石浦宏明。
7番グリットはカーナンバー25、TAO Racing、ドライバー土屋武士。
8番グリットはカーナンバー8、J-Gezr8 T-Japan、ドライバー宮田莉朋。
9番グリットはカーナンバー96、岡山トヨペットK-tunes、ドライバー中山雄一。
10番グリットはカーナンバー37、Pastel Motorsport、ドライバー細川慎弥。
11番グリットはカーナンバー32、NETZ NOVEL MIE、ドライバー国本雄資。
12番グリットはカーナンバー7、J-Gear7とおる君、ドライバー坪井翔。
13番グリットから17番グリットまでは空きグリット。
18番グリットはカーナンバー87、NTP RACING NC CCS-R、ドライバー松井孝充。
19番グリットはカーナンバー10、NTP RACING PN CCS-R、ドライバー山内英輝。
20番グリットはカーナンバー51、P.MU RACING CCS-R、ドライバー新田守男。
21番グリットはカーナンバー5、NTP RACING NN CCS-R、ドライバー阪口良平。

真夏の富士スピードウェイ、気温は30℃を記録しています。
暑い中行われる、まさに熱い戦い。
最後までお楽しみください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

アーカイブ

月を選択