Inter Proto Series

ドライビングを際立たせる
Made in JAPANの純レーシングカー

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Video
  4. 【動画】2018 Rd.7-8(Pro)

おすすめ動画

【動画】2018 Rd.7-8(Pro)

2018 Rd.7-8

インタープロトシリーズ、CCSRシリーズのプロフェッショナルクラス第7戦決勝レースの動画です。

1番グリットは空いています。
2番グリットはポールポジション、カーナンバー4、RSS-インタープロト、ドライバー平川亮。
3番グリットはカーナンバー96、岡山トヨペットK-tunes、ドライバー中山雄一。
4番グリットはカーナンバー7、J-Gear7とおる君、ドライバー野尻智紀。
5番グリットはカーナンバー16、ララパルーザ、ドライバーRonnie QUINTARELLI。
6番グリットはカーナンバー3、INGING MOTORSPORT、ドライバー石浦宏明。
7番グリットはカーナンバー25、TAO Racing、ドライバー土屋武士。
8番グリットはカーナンバー19、GRADEN CLINIC RT、ドライバー山本左近。
9番グリットはカーナンバー32、NETZ NOVEL MIE、ドライバー国本雄資。
10番グリットはカーナンバー37、Pastel Motorsport、ドライバー細川慎弥。
11番グリットから15番グリットまでは、空きグリットになっています。
16番グリットはカーナンバー87、NTP RACING NC CCS-R、ドライバー松井孝充。
17番グリットはカーナンバー8、NTP RACING NC CCS-R、ドライバー阪口良平。
18番グリットはカーナンバー51、P.MU RACING CCS-R、ドライバー小高一斗。
19番グリットはカーナンバー10、NTP RACING NC CCS-R、ドライバー河野駿佑。

以上のドライバーでレースが行われます。
グリーンフラッグを振るのは、今日10歳のお誕生日を迎える、ナカムラハヤトくんとお母さんの親子です。
ハヤトくんの振るフラッグで、各ドライバーが一斉にスタートする事になります。
どのようなレースになるか楽しみです。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

アーカイブ

月を選択